Breaking News
Home » 北海道150年、学芸員にはどう見える? (page 2)

北海道150年、学芸員にはどう見える?

外国人による根室市の遺跡調査150年【コラムリレー第8回】

明治時代になり海外の学問をもたらした外国人の存在は、日本人研究者の育成や日本が近代化を果たす上で重要な役割を担 ... Read More »

北限のブナ林の150年:伐採の50年と再生の100年【コラムリレー第7回】

日本のブナ林は、現在、長万部、黒松内、寿都を結んだ黒松内低地帯付近が北限です。しかし、ブナの北限はずっと黒松内 ... Read More »

鉄道史から見る北海道150年【コラムリレー第6回】

北海道最初の鉄道は小樽を起点として1880(明治13)年に開業、その歴史は138年。道内の鉄道史は短いながらも ... Read More »

150年前に築かれた松前藩の謎のお城【コラムリレー第5回】

明治元年(1868)9月1日、松前藩は突然新しい城郭の築城を始めます。新しい城郭は「館城」と名づけられました。 ... Read More »

「祈り」の化石ー寺社に託された「龍神様」ー【コラムリレー第4回】

北海道と名付けられて150年が経過する中で、北海道の日本海側は早くから鰊漁で栄えてきました。石狩もそうして鰊漁 ... Read More »

 「試された大地」北海道 ー開拓と破壊の150年ー【コラムリレー第3回】

十勝の防風林と畑作の大地。羊が草をはむ札幌羊ケ丘の草原。パッチワークが広がる美瑛の丘陵地。競走馬が走り回る日高 ... Read More »

北海道移住の縮図~利尻島にのこされた移住の思いとかたち【コラムリレー第2回】

明治時代の北海道には、本州各地から移住者が集まってきました。故郷を離れ、見知らぬ土地での生活は、わたしたちの想 ... Read More »

太平洋の北西端を揺さぶる数十年間隔の“波”【コラムリレー第1回】

晴れの日があったり雨の日があったり。夏と冬が繰り返し訪れたり。このような1日1日の天気の変化や1年間の季節の移 ... Read More »