Breaking News
Home » 特別展・企画展 » 企画展「信仰の灯は永遠に:福音ルーテル池田教会と吉田康登牧師の足跡」

企画展「信仰の灯は永遠に:福音ルーテル池田教会と吉田康登牧師の足跡」

浦幌町立博物館では、日本福音ルーテル帯広教会との共催により、2020年1月19日(日)まで、企画展「信仰の灯は永遠に:福音ルーテル池田教会と吉田康登牧師の足跡」を開催しています。

2019年8月に姿を消した池田教会の歴史は、教団の教勢拡大にもとづく設置ではなく、戦後入植で浦幌へ入った元牧師さんと、彼の周りに集まった地域の人々の篤い信仰心と熱意によるもので、道内の戦後キリスト教会史のなかでも独特の経緯を持っていました。

本展では、池田教会の歩みと初代牧師となった吉田康登氏の足跡を中心に紹介すると共に、いま各地でキリスト教会が減少しつつある現状と、地方史の観点から記録することの必要性について解説しています。

企画展:信仰の灯は永遠に:福音ルーテル池田教会と吉田康登牧師の足跡

期間:2019年11月23日(土)〜2020年1月19日(日)

会場:浦幌町立博物館(〒089-5614 北海道十勝郡浦幌町字桜町16)
JR根室本線浦幌駅下車、徒歩7分

時間:10:00〜17:00

休館日:月曜日・年末年始(2019年12月30日〜2020年1月6日まで休館)

主催:浦幌町立博物館

共催;日本福音ルーテル帯広教会

関連事業

・クリスマス讃美歌コンサート 2019年12月21日(土)16:00〜18:00
・展示解説 2019年12月29日(日)10:00〜17:00(随時)