Breaking News
Home » イベント・講座・お知らせ » 化石講演会のお知らせ【浦幌町立博物館】

化石講演会のお知らせ【浦幌町立博物館】

浦幌町からは2013年以降、毎年、貝化石の新種が発表されています。このたび、永年、浦幌で化石研究に携わっているお2人の方にご来町いただき、新種化石の特徴や化石研究の魅力についてお話しいただく事になりました。

【講演1】
浦幌町から発見された新種化石:浦幌から世界へ
講師:天野和孝氏(上越教育大学教授)

【講演2】
化石を探して30年
講師:井上清和氏(化石研究家)

日時:2018年8月6日(月)18:00〜20:00
場所:浦幌町立博物館 2階視聴覚ホール
申込み不要・入館無料

 

天野氏は2010年以来、浦幌から多数の貝化石の新種を発表されています。その数は2018年で実に14種にのぼります(下記参照)。また、井上氏は実に30年間、浦幌など十勝で化石調査を続けており、近年はその過程で発見した化石が相次いで新種として認定されました。

貝化石研究の最前線について、また化石研究の楽しみについて、存分にお話しいただく予定です。お気軽にご参加下さい。

【天野教授が発表された新種化石リスト】
()は発表年

<縫別層>
・ウラホロシンカイヒバリガイ(2010)
・ウラホロハイカブリニナ(2013)

<活平層>
・ウラホロモミジソデボラ(2014)
・ウラホロミガキボラ(2014)
・ウラホロワダツミフネガイ(2015)
・カツヒラコロモガイ(2016)
・ウラホロオオロウバイガイ(2017)
・ウラホロハトムギソデガイ(2017)
・ウラホロミジンソデガイ(2017)
・ウラホロハナシガイ(2018)
・カツヒラスナメガイ(2018)
・ウラホロツメタ(2018)
・ウラホロマメウラシマ(2018)